<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

野鳥 アオバズク編

アオバズクの雛が今年も4羽生まれたとの情報で箕面の神社へ。
3時間粘りましたが、雛は向こう向きに並んでカメラの方向へは一度も振り向いてくれませんでした。
仕方なく親鳥だけ撮影して退散。
f0200502_8112290.jpg
f0200502_8113347.jpg
f0200502_8114897.jpg
f0200502_812660.jpg
f0200502_8121684.jpg

[PR]
by eeyokota | 2010-07-31 12:33 | 野鳥 | Comments(0)

野鳥 カワセミ編

炎天下カワセミ求めてデジスコ担いで今日も近場をブラブラ。
今回は吹田市の公園へ5時起きで行ってきました。
35度を超える直射日光下で5時間バテバテ状態で帰宅。

今日はラッキーで到着後すぐにカワセミが10mぐらいの距離まで飛来。
デジスコでドアップで撮ることが出来ましたが木陰止まりでSS稼げす、ブレブレ写真の量産
でした。
                                
                              TSN-884+TE17W+S90 1/30s F4.5 ISO80 18.19mm(2540mm)
f0200502_7313294.jpg

f0200502_7324556.jpg

                              TSN-884+TE17W+S90 1/40s F4.9 ISO80 22.5mm(3150mm)
f0200502_7325566.jpg
f0200502_7333228.jpg
f0200502_7335851.jpg
f0200502_7342039.jpg
f0200502_7343757.jpg

f0200502_7384945.jpg

[PR]
by eeyokota | 2010-07-28 07:34 | 野鳥 | Comments(0)

六甲高山植物園

毎日猛暑、これではとても暑くて野鳥撮影に行けません。
今回は猛暑を避けて、六甲山頂付近に位置する海抜865m、年平均気温約9℃(北海道南部に相当)市街地に比べ気温が5~6℃低いという気候の六甲高山植物園へ。
高山の岩場を再現したロックガーデンは、自然に近い状態で高山植物が鑑賞できるように工夫されており、六甲山という大都市近郊の山で、手軽にアルプスの高山植物に出合えます。
ニッコウキスゲが丁度満開でした。
f0200502_1632695.jpg

f0200502_16324510.jpg
f0200502_16325894.jpg
f0200502_16331880.jpg
f0200502_16333497.jpg
f0200502_16335067.jpg
f0200502_1634597.jpg

[PR]
by eeyokota | 2010-07-24 19:25 | 六甲高山植物園 | Comments(0)

武田尾散策

武田尾は武庫川上流にあり、渓谷で、ヤマセミ目撃情報なども噂されるところです。
でも10回行って1回見れるかどうかぐらいの確率でなかなか遭遇できません。
今回は下見をかねて散策してきました。
武田尾駅は無人駅でキップは出口のカンカンに入れるだけでした。

f0200502_7455820.jpg

川はこのところの雨で増水していて、とてもヤマセミが捕食できる状態ではありません。
f0200502_7391380.jpg
f0200502_7392850.jpg
f0200502_7404020.jpg

ヤマセミはあきらめて川岸で他の野鳥を探しているとホオジロがネムノキに止まってくれました。
f0200502_7504023.jpg
f0200502_7505589.jpg

ネムノキ 背景を暗くして撮るとまるで花火のような感じになります。
f0200502_7513936.jpg
f0200502_7515574.jpg

[PR]
by eeyokota | 2010-07-21 13:35 | 野鳥 | Comments(0)

野鳥 カワセミ

先月は京都、兵庫、大阪のめぼしいポイントへ7回行きましたが夏場のカワセミはなかなかめぐり合えませんでしたが、ようやく京都山科で出会えました。
ハスの花の蕾に止まってくれるのを期待したのですが一度も止まらず。
昨年は2回止まったそうですので次回に期待。
木陰止まりでSSかせげず画像が今一ですがなんとか撮れました。
                                       睡蓮が満開でした。
f0200502_1315433.jpg

                                       目の周囲がブルーで、くちばしが黒くなっています。これが、ダイサギの婚姻色だそうです。
f0200502_132583.jpg

                                      カルガモ親子
f0200502_1322582.jpg

                                     カワセミ(今年生まれた幼鳥)
f0200502_1342740.jpg

f0200502_1354656.jpg

                                    このコバルトブルーの羽毛がたまりません。
f0200502_13699.jpg
f0200502_1363494.jpg
f0200502_1365530.jpg
f0200502_1372092.jpg
f0200502_137491.jpg
f0200502_1381513.jpg

[PR]
by eeyokota | 2010-07-17 17:09 | 野鳥 | Comments(0)

日本庭園のチョウトンボ

チョウトンボ、飛び方が蝶にそっくりなのです。
ひらひら舞う時も、素早く飛ぶ時も、蝶そっくりでなんとも面白いトンボです。
魅力は、それだけではありません。
太陽光と羽の角度によってメタリックに青色に輝きます。
しかし飛びまわっていてなかなかポイントのハスの花に止まってくれません。
警戒心が強くそばに寄るとすぐに飛び立ってしまいます。
今回は離れて撮れるデジスコで7mぐらいの距離をとって、めぼしを付けたハスの花の蕾の上に止まってくれました。
止まった後は羽を広げて青色に輝く瞬間にシャッターを押し続けます。
f0200502_144717.jpg
f0200502_1442816.jpg
f0200502_1444946.jpg
f0200502_1463039.jpg
f0200502_1464981.jpg

本日のベストショット
羽を開いた角度と太陽光の反射がうまく合って青く輝いた瞬間
                                     TSN-884+TE17W+S90 1/200s F4.9 ISO80 22.5mm(3150mm)
f0200502_1455585.jpg

f0200502_1453789.jpg

[PR]
by eeyokota | 2010-07-14 07:24 | 昆虫 | Comments(0)

万博公園 日本庭園のハス

今年も万博公園内の日本庭園へ行ってきました。
例年ハスを撮っていますが、少々飽きたので今回はデジスコでハスの花に止まるトンボと野鳥をメインに撮影。
まずは、ハスの花から。
                                       TSN-884+TE17W+S90 1/1600s F3.2 ISO80 6mm(840mm)
f0200502_1316134.jpg
f0200502_13163289.jpg

                                      カイツブリの親子

                                         TSN-884+TE17W+S90 1/250s F3.2 ISO80 6mm(840mm)
f0200502_1319894.jpg

本日のベストショット
背景がハスの花のピンク色になるポイントでトンボが止まるのを根気よく待って撮影。
f0200502_13213221.jpg

                                   テレ端側最長焦点で撮影                                     
                                   TSN-884+TE17W+S90 1/125s F4.9 ISO80 22.5mm(3150mm)↓
f0200502_13215175.jpg

f0200502_132289.jpg

                                        TSN-884+TE17W+S90 1/30s F4.9 ISO80 22.5mm(3150mm)↓
f0200502_13223394.jpg

[PR]
by eeyokota | 2010-07-10 12:48 | 昆虫 | Comments(0)

北山緑化植物園の昆虫

ほとんどとの日が雨か曇り、先月は4箇所述べ7日間カワセミを探しましたが、どこも遭遇できませんでした。
鳥枯れの時期は曇りの日でも確実に撮れる昆虫撮影が一番です。
北山緑化植物園でモリアオガエルの産卵場所を発見しましたが、親は見ることができませんでした。
モリアオガエルは水面上にせり出した木の枝などに粘液を泡立てて作る泡で包まれた卵塊を産みつけます。
f0200502_13355310.jpg
f0200502_13361536.jpg

                                 昨年京都御所で撮ったモリアオガエル
f0200502_13415773.jpg

                               雨の日に、ここにオタマジャクシが落ちてきます。
f0200502_13362927.jpg

                               デジ1眼マクロレンズで1mでトンボを撮影
f0200502_13365343.jpg
f0200502_13371158.jpg

                               デジスコで最短距離6mから撮影
f0200502_12421989.jpg
f0200502_12423272.jpg

[PR]
by eeyokota | 2010-07-03 07:47 | 北山緑化植物園 | Comments(0)