奈良 春日大社の藤

阪神難波線が開通し神戸から奈良まで乗り換えなしで行けるようになり、早速奈良の春日大社に行ってまいりました。
春日大社には古くより境内に藤が自生していたそうです。又ここを古くから信仰していた藤原氏が藤を意識されていたことから、奈良朝時代から藤が大切に取り扱われてきたようです。春日大社には有名なの「砂ずりの藤」があります。この名前の由来は藤の花穂が1m以上垂れ下がり地面の砂を擦るほどのびることから、この名前がついているようです。
f0200502_10391719.jpg
f0200502_1040875.jpg
f0200502_10403087.jpg
f0200502_10413754.jpg
f0200502_10425191.jpg
f0200502_10432346.jpg
f0200502_1044158.jpg
f0200502_10445379.jpg
f0200502_10451978.jpg
f0200502_10454116.jpg
f0200502_1046645.jpg
f0200502_10462441.jpg
f0200502_1047723.jpg
f0200502_10472140.jpg
f0200502_10474586.jpg
f0200502_10481041.jpg
f0200502_10482559.jpg
f0200502_10483952.jpg
f0200502_10485368.jpg
f0200502_1049253.jpg
f0200502_10492416.jpg
f0200502_1105091.jpg

春日大社の地図
[PR]
by eeyokota | 2009-04-30 10:54 | 桜・花 | Comments(2)
Commented at 2009-04-30 18:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eeyokota at 2009-05-01 19:56
皆さん元気に活動しております、例会と撮影会も定期的に行っており、次回は5/9日に予定ております。
写真の方は私と同じで中々上達しませんが、それなりに皆さん楽しんでいます。できればメンバーの写真を近々ブログに載せたいと思っております。
<< 神戸北野坂 インフィオラータ 六甲高山植物園 >>